阿Yが番禺に帰って来ました。

広西省に帰っていた阿Yが番禺に帰って来ました。
当初はまず彼女が広西省の南寧に行き、その後小Eが行って美容院を開業する。。という予定だったのですが、どうも南寧の状況はあまりぱっとしないらしく、しばらくは番禺に留まった方がいい、とう事になったらしいのです。
広西省は阿Yの実家ですし、春節は家族と過ごしてからこちらに戻るのかな、と思っていたのですが、広西省の家族から春節に夫婦が離れているのは良くない、と言われ、それで年末の内に(って旧暦の年末ですよ、中国ですから)帰って来た、というわけです。
と言っても阿Yは小Eの日ごろの行いにハラを立てていて、広西省に行くときも番禺に戻るときも小Eには知らせず、結局小Eは私からのメールで初めて阿Yが帰って来ることを知ったのでした。当然、彼女は小Eの家には戻らず、近所のホテルに泊まっていたのです。それを小Eは探し出し、説得して午前4時ごろやっと家に戻って仲直りした、というわけです。まったくあの二人ったら(笑)

9日(金)
阿Yの新しい仕事は3月5日からでないと始められないそうで、今少し時間があります。いつも忙しくてなかなか会えず、そのまま広西省に行ってしまった彼女と、昨日は久しぶりに再会しました。うれしい~!!阿Yと同じ市橋在住の阿Pのお家に一緒に遊びに行きました。阿Pの手料理を一緒に食べて、おしゃべりして、一緒にテレビを見ただけなのですが、なんだか久しぶりに楽しかったです。
阿Pの手料理は台湾出身で日本育ちの阿Pのダンナ阿Tの口に合うもの。阿Pの故郷の味とは違います。。私ももちろん大好きな味ですが、阿Yの口には合うのかなぁ。。なんて思いながらふと気が付いたのですが。そこにいた4人は二人が中国国籍で二人は日本国籍ですが、ひとりは台湾系華人だし、ひとりは湖北省の土家族(トゥチャ族)だし、ひとりは広西省の壮族(チワン族)だし、ひとりは日本民族だし。。みんな違う民族だったのでした。。そしてふっとこんな風にこんな4人が何気なく食卓を囲んでいる、これが「平和」ってもんなのかな、なんて思ったのでした(笑)

年末で仕事に追われている小Eがいなかったのがちょっと残念と言えば残念ですが(忙しいので阿Yとの喧嘩の元凶、徹夜ポーカーにも行けません)食事が終わると阿Tはさっさと上網しちゃったし。。ま、女同士3人でみかんやナッツをつまみならテレビを見て過ごしたのがすごく楽しかったですね。
[PR]
by xiaotanrichie | 2007-02-10 20:07 | 広州
<< 香江野生動物世界、祈福新邨飲茶... 踊って歌って! >>