ヤンカン村キャンプ&手打ち面

昨日はハンセン氏病快復村、清遠市ヤンカン村に行って来ました。今回で2回目。ただ今回は泊りではなく日帰りだったのであっという間に時間が過ぎてしまいました。

ヤンカン村は広州からも近いのですが、8時半に広州の羅冲圍バスターミナルを出発して清遠に着いたのが10時過ぎ。その後買い物をしたりして村に着くともうお昼です。村人たちの食事は一日2回なので、(10時半ぐらいと16時半ぐらい)着くとまず、自分たちのお昼ご飯を作って食べました。その日参加したメンバーは10人足らずでしたが、それでも、かなりの量のカレーライスを作りました。主婦が私だけだったこともあり、主導権をしっかり握って久々に料理をしました。なかなかうまく出来たと思います(自我自賛)村に遊びに来ていた近所の子供たちにもおすそ分け。日本のカレーはお口に召したかな?
その後、村人たちのお部屋を訪問。色々お話をしました。今回は広東人のキャンパーが程よく混ざっていたので、結構コミュニケーションもとりやすかったです。それに普通話が出来る村人のOさんたちともたくさんお話出来たし。と言ってもやっぱり時間はあっという間でした。日帰り組はもう17時には村を出発しなければなりませんでしたので。今回、泊まりの人数は4人だけ。出来れば私も泊まりで参加したかったのですが。。

********

さて、なぜキャンプに泊まりで参加できなかったかと言えば、今日の10時から中国語のレッスンがあったからなのです。同じ祈福新邨内に住んでいる、北京人の老師に付いてレッスンしています。老師は中山大学を定年退職された方で、たくさんの教え子がいます。毎回とっても充実したレッスンを受けることが出来るのですが、何しろ最近色々用事があってレッスンを休み勝ち。なので今回はもうこれ以上休むわけには行かないだろうと。。何せ忙しい先生なので、あんまり休むとクビにされるおそれが。。(笑)
さて、先週もご馳走していただいたのですが、今週も先週に引き続き先生のお家でお昼ご飯をご馳走になりました。アイさん手作りの面。それとサヤインゲンや木耳、にんじんの炒め物、トウガンの煮物。すごく美味でした。やっぱり手打ち面っていうのはいいですね。先生方ご夫婦は辛いものは苦手なのですが、辛いもの好きな私用には酸辣面を用意してくださいました。汗ダラダラかきながらも気分爽快~。それに先生の家の料理は薄味で油もそんなに使っていないし、日本人の口にもとても合う味付けなんです。なんだかクセになりそう。。
[PR]
by xiaotanrichie | 2007-04-22 17:38 | 広州
<< 協志萌え&急性胃腸炎でダウン ヒップホップの表演はかっこよか... >>