中国浴衣美人化計画^^

体調の方はだいぶ良くなりました。みなさん、ご心配おかけしました!

昨日ちょうど病院から帰る頃、私のブログを見た小Zが心配して携帯にメールをくれました。

「もう大丈夫だよ。いっしょにお昼食べない?」

小Zも祈福新邨在住。バス停で待ち合わせて祈福食堂街へ。タイ料理の王青青。ここ結構おいしいんです。
その後彼女を家へ誘いました。考えて見ると、こんなに近所なのに、小Zが家に来たのは初めて!いつもは人見知りのネコのピーターは、美人でやさしい彼女を大歓迎で迎えてくれました。

待ち合わせした時から小Zは重そうなスーパーの袋を2つもをぶら下げていたのですが、それらはすべて私へのお見舞いに買った果物だったのです。ありがとうね!

アルバムの写真を見ながら色々な日本のことを話すうちに、小Zに浴衣を着せてあげることになりました。実は今回の帰国時に、浴衣を4着ほど買って来ていたのです。今回買った浴衣は自分用に買った一着を除いてすべて若い子向き。華やかで明るい、中国人受けを狙った色と柄のものです。

中国で日本語を教えているうち、和服に興味を持っている学生が多くいる事に気付きました。それで、学生に和服を着せてあげたいと思ったのですが、引越しの時に日本から持ってきた和服は学生にはみな地味過ぎ。。そこで、一時帰国の時に若いコに似合う和服を買って来ようと思ったのです。当初は振袖を購入予定でした。何しろ日本の未婚女性の礼装ですから一番華やかですよね。でも、中古でも結構なお値段になってしまうし、襦袢や帯など小物まで揃えるのも大変だし、それに日本国内ならともかく、中国で和服の手入れをするのはちょっと面倒です。しかも広州は暑い!そこで、もっとお手軽な浴衣にしました。ちょうどカワイイ浴衣がたくさん販売されている時期ですしね。それに最近の浴衣は昔ながらの風呂上りに着るものではなくて、街着に近い位置づけになっているので、柄も豊富。若い中国人の女の子に似合いそうなものを選びました。

さてさて。和服を着た小Z。いかがです?やはり美人は何を着てもサマになりますね。
私のにわか美容師としての腕前は。。即席にアップした髪型とリボンはまずまずかな。
さて、着付けの出来栄えですが。。。かなり久々に着付けたとはいえ、まあ5分ぐらいで着せられたのはいいとしましょう。(実は浴衣の下にはTシャツとジーンズを着たままです 笑)でも、背中心にしわがよっているし、おはしょりの処理の仕方もいまいち。着丈も、いくら浴衣だからってもう心持長くても良かったんじゃないかな。。う~ん、まだまだですね。もう少し練習しなくっちゃ、ですね(笑)
c0058315_16333777.jpg

[PR]
by xiaotanrichie | 2007-08-08 16:14 | 広州
<< 九寨溝、インプラント、日本から... 持つべきものは友 >>