拜年和红包 年始回りとお年玉

今日は学校のC先生がお年始に来てくださった。

実はC先生のところには、私がお年始に伺おうか、と思っていたのだが逆になってしまった。
C先生は私よりずっと年下なんだけれど、主任の先生なので「上司」にあたる。
それに私は外国人なので解らないことも多く、よく助けてもらっているし。
なんだか申し訳ない感じ。。

C先生にはお子さんがいらっしゃるので「紅包」つまりお年玉とお菓子を1箱お返しにお渡しした。

初二(新年2日目)には小E阿Y夫婦も息子のJJを連れてお年始に来てくれたけれど、これもなんだか申し訳ない感じだった。
前日に彼等の家に行ってJJに紅包を渡したのだけど、金額もほんの少しだったし、それにその前の日に阿T阿P家に泊まってしまったので他に何も手土産も持って行かなかった。
なのにその日も次の日も私に全然支払いをさせてくれないし。。(笑)
なので、小Eが出勤したらすぐ小Eの職場の美容室に行って紅包を渡して来た。

「友達なんだからそんなに気を使わないでよ。それに俺は結婚しているんだから紅包を渡す必要はないんだよ。」

結婚してたって私よりずっと若いんだし、それに「友達なんだから気を使わないでよ。」ってのはこっちの台詞だよー。JJもまだ小さいので色々お金が掛かるだろうに、私にお金も気も使い過ぎだよー。

このなんだか申し訳ないのはC先生や小E阿Yだけでなく、色々な友人たちがこの春節気を使ってくれた。みんなすまんねー。ありがとうー。。

。。それから、ややこしくてまだちょっと慣れないのが「紅包」。
日本で「お年玉」と言ったらあげるのは「子供」に決まっているけれども、中国では子供やお年寄り。それからまだ結婚していない友人、知人、会社の部下など。
相手が結婚していても自分よりずっと年下の場合はあげたりするし。。
今振り返って見ると、あの人にもあげるべきだったか?!という相手の顔が数人浮かんでくる。。
金額もいくらぐらいがいいのか微妙。。
そんなに親しくない相手だったら5元入りの包みを2枚でいいらしいけど。。
2枚あげるっていうのは今回広東人の友人に聞いて知ったこと。「ダブル」で縁起がいいらしい。
いったい中国人はどんなタイミングでいくらぐらい渡しているんだろうか。。
っていうか、中国に慣れ親しんだ日本人たちはどうしているんだろう。参考意見を聞かせていただきたいわ。。
c0058315_138438.jpg

[PR]
by xiaotanrichie | 2008-02-21 01:38 | 広州
<< 昨日は元宵節 正月15日目 今... 検疫のために、ネコに狂犬病予防注射を >>