<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

三元里で社会科見学?!

広州で生活する日本人にとって物価の安さは何よりの魅力です。特に女性にとっては服飾関係がうれしいですね。広州駅周辺や三元里の問屋街では驚くようなお値段で買うことが出来ます。

27日(月)
友人から頼まれた買い物があったので、広州駅周辺の問屋街まで行って来ました。流花バスターミナルの辺りから地下に入ると、洋服屋さんが延々と軒を連ねています。友人からの頼まれ物もどこの店だったのか迷ってしまったほどです。
前回行ったときに65元で買ったシルクのパジャマ、これは番禺市橋や祈福新邨で120元ぐらいで売っているものですが、着心地もいいし洗濯もラクでとっても気に入ったので、今回はまとめて5着買いました。前回と同じデザインのものは59元。一番高かった長袖の冬物が90元。計379元。それとやっぱり前回買って気に入ったTバックのショーツも5枚買いました。これは一枚10元。もっとたくさん買えばもっと安くなったかな?
いっしょに行った阿Pも冬物のカットソーやパンツを買っていました。私も買いたいところでしたが、パンツを試着しないで買うのは失敗しそうなのでやめました。問屋街は安いのですが、試着出来ないのが難です。

問屋街はだいたい17時ぐらいで閉まってしまいます。もう16時を回っていましたが、私はどうしてもバッグが見たかったので、広州駅から急いでタクシーに乗って皮革製品の店が密集する三元里まで行きました。でも気持ちがあせっているのでなかなかじっくり選ぶことが出来ません。
色々見ても決まらないので、阿Pの友人の店に行く事にしました。ここでもなかなかピンと来るものがなかったのでこの日バッグの購入は諦めました。

阿Pの友人Mは、私と阿P、それから近所の店舗の女の子に店番を任せたきり、7階の倉庫からなかなか戻って来ません。周りは店じまいを始めていました。もうすっかり他店の照明が落ちてMの店だけがポツンとしているところにやっとMが帰って来ました。

それからがまた大仕事。どうやら返品する品物を点検しているようです。阿Pや他店の子も手伝っていました。私も手伝いたいところでしたが、足手まといになりそうなので彼女たちの仕事ぶりをただ見ているだけでした。阿Pと同郷(湖北省恩施)のM。本当にきびきびとよく動きます。小柄でスリムな彼女はとても10歳の男の子のお母さんには見えません。ダンボールをいくつも開けたり、また梱包し直したりしてようやく仕事が終わりました。

その後、また人を呼んでそのダンボールを外に運び出します。シンガポールに返品する箱をライトバンに積んで近所の配送センターまで。そこで手続きを済ませ、やっとMの一日の仕事が終わりました。もう19時を回っています。

阿Pと私はMの家に泊まる事に。そのまま運転手さんにライトバンで送ってもらいました。Mの家は三元里からさらに北に行った石井鎮張村。ここでMのお父さんと息子、弟夫婦と暮らしています。Mには最近三元里付近に購入した家もあるのですが、この二つの家を往復しているようです。家に着くとMのお父さんがおいしい晩ご飯を用意してくれていました。手作りの塩漬けブタ肉や酸菜、トマトと卵の炒め物など。唐辛子もほどよく効いていておいしいです。四川省の味に近いですね。ちなみに彼女たちの会話を聞いていると、アル化音が強く、やはり四川省の発音に似ていました。湖北省でも重慶寄りのところですからね。

夕食を済ませた後、MとMの息子さんたちといっしょに近所の病院へ行きました。Mの義妹が前日赤ちゃんを生んだのです!かわいい赤ちゃんといると心が和みますね。1時間ぐらいはそこにいたでしょうか?
それからMの家のとなりの店に行き、10歳になるMの息子さんの奢り(!)で緑豆沙(緑豆のお汁粉)を食べました。緑豆には余分な熱を取ってくれる作用があるらしく、このあたりの人は夏によく食べます。もう22時ぐらいでしたかね。
シャワーを浴びて寝たのはもう24時近かったですかね。

「いつも睡眠は4時間ぐらいかしらね。毎日こんな感じよ。」

Mって本当にタフです。

次の朝、出勤前にまた赤ちゃんの病院に寄ってから、三元里のお店へ。前の日にはピンと来なかったのですが、Mのお店の商品をじっくり見てみると、なかなか艶かしく、小脇に抱えてモンローウォークして歩きたくなるような小粋なバッグがたくさん!80元のバッグをふたつ買いました。ひとつは教科書が入る大きさのもの。これは赤い色のにしました。もうひとつは少し小振りの、でもいつも持ち物が多い私にも使い勝手がいい大きさのもの。こちらは色んな服に合わせやすいあまりキンキラしすぎないゴールド調のものにしました。昨日からさっそく使っていますが、すごく気に入ってます!

さて、前から一度やってみたかったことが実現しちゃいました!お昼ごろに洋服屋さんなどに行くと、店員さんがどうどうとお店の中でお弁当を食べているのに遭遇するのですが、これがいかにも中国的な感じがしておもしろいなと思っていたのです。それも結構ニンニク臭かったりするのですが、商品ににおいに付くんじゃないか、なんて心配は誰もしないようですね。

「ご自由にご覧下さいね!」

お客さんがようやく本腰で買うかどうか決めるまでは、食事の手を休めたりはしません。中国人の食に対する姿勢ってすごいです。だからみんなタフなんだろうな。

その日はMのお店の前にテーブルを出して、三人で出前の昼食を食べました。そのあたりの名物料理である「酸菜魚」すっぱく漬けた野菜、唐辛子などと川魚をいっしょに煮たものでなかなか美味でした。それとジャガイモの千切り炒め、白菜炒めを白いご飯といっしょにいただきました。途中でお客さんが来ましたが、

「随便看!」

でしたね(笑)
もしここに日本人のお客さんが来ても、店の前でむしゃむしゃ食べている私が同じ日本人だとは、絶対気付かないでしょうね。ははは~!!

Mとこうやって2日間過ごすことで、今まで知らなかった三元里で商売を営む人々の生活に触れることが出来、いい社会勉強になりました。そしてまた素敵な中華朋友がひとり増えたしね!

美国瑪麗蓮夢露国際皮具公司
(International leather company of U.S.A.MarilynMonroe)

広州市三元里大道21号中港皮具城1楼110号
020-86353515

*****

その日は一旦家に帰ってからまた広州に行きました。
ハンセン氏病快復村でキャンプをしていた学生たちを労うためです。現在日本で就職活動中の元留学生IMちゃんにも久々に会えたし、長かったけれど充実した一日でしたね。
[PR]
by xiaotanrichie | 2007-08-29 14:46 | 広州

九寨溝、インプラント、日本からの友人、ヘアスタイル、新居にお邪魔

すっかり日記を書いていませんでした。

体調が良くなったので、友人のお誘いを受けて旅行に行って来ました。
重慶、九寨溝、黄龍。3泊4日の旅。11日(土)から14日(火)まで。

我々は4人組。同僚の先生とそのいとこ、大学の同級生、彼等3人は湖南人。
団体旅行で参加者は全部で14人。
団体って色々制約はあるし、また食事も辛いもの組(湖南人が計5人、広東人だけど辛いものが大丈夫な親子&私)と辛いものがダメな広東人組に分かれてしまったり。。結構面倒くさいですね。

重慶の火鍋。おいしかったです!でもひとり88元も取られたんですよ。みんなぼったくりだ、って文句言ってました。中国人のツアーでこの値段です。日本からの観光客からはいくら取るんだろう?

そして九寨溝。本当にきれいでした。そのそばの黄龍も九寨溝に負けず劣らず風光明媚なところでした。日本人にもたくさん会いましたよ。でも人多すぎ!いも洗い状態なんだもん。こんなに観光客が訪れてしまって、この美しい環境は保たれるのかしら?北京と比べて、四川省の観光は割高だなあ(入場料など)、と感じているのですが、この環境を保つためなら少し高いのも仕方ありませんね。
c0058315_2027461.jpg



15日(水)
旅行から帰った翌日。阿P、阿Tのお家に行くと、日本からのお客様Aさんが。私は初対面だったのですが、年齢も近い女性同士ということもあり、すぐ親しくなりました。その日は広州の博物館をハシゴ。夜は小E、阿Y夫婦とうちのダンナも加わって番禺の「小肥羊」へ。重慶の火鍋もおいしかったのですが、一緒に旅行に行った仲間はお酒を飲みませんからね。他に飲む人がいないとつまらないので私も飲みませんでした。まあ、阿Pや阿Yも飲まないんですが、日本から来たAさんやアイドル小Eたちとやっぱりビールを飲みながらの火鍋はめちゃうまいです!やっぱ、火鍋にはビールがなくっちゃ!

Aさんと阿Pとは18日の土曜日にも会い、長寿路や広州駅のあたりで思いっきり買い物をしました。やっぱり買い物は女性同士が楽しいです。


16日(木)
インプラントをしました。
上の4番目の歯。日本でも前々から問題の多い歯で、10年以上も前に抜く抜かない、の話があったのですが、数ヶ月前にとうとう抜歯しました。そのとなりの歯もあまり丈夫ではない、等の理由からブリッジではなくインプラントをすることに。今回は歯根を作る手術。半年後に上の部分を作ります。インフォームドコンセントもしっかりしているし、今のところ痛みも腫れもなく良好です。


17日(金)
小Eの美容院でカラー。

「今日は少しカットしてみない?」

小Eったらえらいハリキッてるんですけど。日本の最新版の美容雑誌を大量にあげたばかりですからね。で、次回は日本の流行のスタイルにしたいな~と言っておいたんです。そしたらしっかりお勉強していたみたいですね。すっかり日本人らしい髪型になりました。大満足!
c0058315_2028617.jpg


夜は久々にふいずさんたちと飲み!ふいずさんは最近お引越しされたばかり。新居におじゃまして来ました。とっても素敵な御宅でしたよ、うらやましい~。ふいずさんやLさんMさんのおいしい手料理も手伝い、インプラントしたばかりだというのについついお酒の量が。。でもこの日はいつもより少し早めに引き上げました。次は朝までお付き合いいただきますわよ、広州酒鬼のみなさま。

ところで、 さっき小Eからメールが来て気が付いたんだけど、今日は旧暦の7月7日。情人節。しかも2007年7月7日星期7。7が四つも続いているわ。

ってなわけでみなさん、祝大家情人節快楽!!
[PR]
by xiaotanrichie | 2007-08-19 20:00 | 旅行

中国浴衣美人化計画^^

体調の方はだいぶ良くなりました。みなさん、ご心配おかけしました!

昨日ちょうど病院から帰る頃、私のブログを見た小Zが心配して携帯にメールをくれました。

「もう大丈夫だよ。いっしょにお昼食べない?」

小Zも祈福新邨在住。バス停で待ち合わせて祈福食堂街へ。タイ料理の王青青。ここ結構おいしいんです。
その後彼女を家へ誘いました。考えて見ると、こんなに近所なのに、小Zが家に来たのは初めて!いつもは人見知りのネコのピーターは、美人でやさしい彼女を大歓迎で迎えてくれました。

待ち合わせした時から小Zは重そうなスーパーの袋を2つもをぶら下げていたのですが、それらはすべて私へのお見舞いに買った果物だったのです。ありがとうね!

アルバムの写真を見ながら色々な日本のことを話すうちに、小Zに浴衣を着せてあげることになりました。実は今回の帰国時に、浴衣を4着ほど買って来ていたのです。今回買った浴衣は自分用に買った一着を除いてすべて若い子向き。華やかで明るい、中国人受けを狙った色と柄のものです。

中国で日本語を教えているうち、和服に興味を持っている学生が多くいる事に気付きました。それで、学生に和服を着せてあげたいと思ったのですが、引越しの時に日本から持ってきた和服は学生にはみな地味過ぎ。。そこで、一時帰国の時に若いコに似合う和服を買って来ようと思ったのです。当初は振袖を購入予定でした。何しろ日本の未婚女性の礼装ですから一番華やかですよね。でも、中古でも結構なお値段になってしまうし、襦袢や帯など小物まで揃えるのも大変だし、それに日本国内ならともかく、中国で和服の手入れをするのはちょっと面倒です。しかも広州は暑い!そこで、もっとお手軽な浴衣にしました。ちょうどカワイイ浴衣がたくさん販売されている時期ですしね。それに最近の浴衣は昔ながらの風呂上りに着るものではなくて、街着に近い位置づけになっているので、柄も豊富。若い中国人の女の子に似合いそうなものを選びました。

さてさて。和服を着た小Z。いかがです?やはり美人は何を着てもサマになりますね。
私のにわか美容師としての腕前は。。即席にアップした髪型とリボンはまずまずかな。
さて、着付けの出来栄えですが。。。かなり久々に着付けたとはいえ、まあ5分ぐらいで着せられたのはいいとしましょう。(実は浴衣の下にはTシャツとジーンズを着たままです 笑)でも、背中心にしわがよっているし、おはしょりの処理の仕方もいまいち。着丈も、いくら浴衣だからってもう心持長くても良かったんじゃないかな。。う~ん、まだまだですね。もう少し練習しなくっちゃ、ですね(笑)
c0058315_16333777.jpg

[PR]
by xiaotanrichie | 2007-08-08 16:14 | 広州

持つべきものは友

広州へ戻ってからも元気いっぱいです!と言いたいところですが、体調不良が続いています。この体調不良は、日本に一時帰国した頃からずっとなんですが、年齢的なものなのかも?気分的にもウツっぽくなりやすいし、また逆にキレやすかったり。

小Eから来た携帯メールに、体調が悪くてなかなか返信出来なかったので
「ごめんね。具合悪くて返事遅れちゃったんだ。」

すると今度は小Eの奥ちゃま阿Yから
「大丈夫?明日お見舞いに行くよ!」

「大丈夫だよ。別に大したことじゃないから気にしないで!」

阿Yはその日23時過ぎに退勤。彼女だって疲れているだろうに、次の日の朝にはご飯を作って持って来てくれました。その日も12時には出勤なのにです。

ピータンと豚肉のお粥。それにキノコ、青い野菜を炒めた物。美味!いつも思うんですが阿Yは料理がとっても上手。しかも手際がいいし。その他にもパパイヤや葡萄を山のように持って来てくれました。

中国が大好きな私でしたが、なにしろパワーがないと生活できないところなんです。最近は日本の快適さが懐かしく思われます。今回も病院通いがかなりキツイし。やはり異国ですからね。

でも私には阿Yのような中国朋友がいますからね。体調の悪いとき、こんな風に友人が飛んできてくれるのってうれしいです。

どこにいても、やっぱり持つべきものは友ですね。
[PR]
by xiaotanrichie | 2007-08-06 14:28 | 広州