北京 13 夜の天安門

老舎茶館を後にしてみんなと別れ、たろおさんと天安門あたりをぶらぶらしました。

夜の天安門も風情がありますね。
北京最後の夜、名残を惜しみました。

ちなみにライトアップは22時になるとおしまい。天安門広場もガイドブックには24時間開いている、と書いてありましたが、22時前にはもう入れませんでした。

たろおさんも私も歩く事は苦ではないので、天安門から王府井までぶらぶら歩いてしまいました。王府井もさすがに夜遅いのであまり見るべきものもなかったので、建国門のホテルのそばのマッサージ屋さんに行きました。かなり高級なお店で技術的にもかなり満足。しかし、かなり遅い時間に!

6月25日(月)
結局たろおさんも私も早朝の便だったのでほとんど眠る事は出来ず、空港へ!国際便口でたろおさんと別れ私は国内便方面へ。

私は飛行機の中でもあまり眠れず、祈福新邨の我が家に着いてから爆睡してしまいました。
c0058315_1161670.jpg
c0058315_118341.jpg

[PR]
# by xiaotanrichie | 2007-07-13 01:09 | 旅行

北京 12 老舎茶館

胡同を後にして天安門前の老舎茶館へ。台湾からの6人、マレーシアとシンガポールの品冠歌迷たちと落ち合い、総勢10名で伝統芸能ショーを楽しみました。

京劇、漫才、手品、雑技など内容は盛りだくさん!中でも「変面」は最高でした!!10人の仲間たちの間でもかなり盛り上がりました。
c0058315_0445945.jpg
c0058315_0463673.jpg
c0058315_048360.jpg
c0058315_0495081.jpg

[PR]
# by xiaotanrichie | 2007-07-13 00:36 | 旅行

北京 11 雨の煙袋胡同

カフェ・サンバルではちょこっと休むだけのつもりでしたが、雨がざーざー降ってきたので、雨宿りがてらかなりまったり過ごしてしまいました。小降りになったところで外へ。おしゃれなお店が並んだ煙袋胡同を歩きました。雨の胡同も風情がありますな。
c0058315_0132422.jpg
c0058315_0152584.jpg

[PR]
# by xiaotanrichie | 2007-07-13 00:07 | 旅行

北京 10 カフェ・サンバル

我がアイドル美容師小Eが写真を見て言うには

「なんか自分が子供の頃家にあった机みたいだよ。中国人からすると貧乏くさい感じで入りたいとは思わないけど、でも外国人には新鮮に見えるんだね?」

なるほどね。「貧乏くさい」のに料理もお酒も結構お高いですからね。お客さんは外国人ばかりなのね。

ちなみにお高い35元のお酒「莫希多」はウォッカかテキーラベースか忘れましたが、ペパーミントの葉っぱやライム、檸檬が入ったすっごくさっぱり味のカクテル。めっちゃおいしかったです。
料理はナスの海老味噌風味、マトンカレー、マレー風豆腐。これまた美味でした!!また是非行きたい!!
c0058315_23543150.jpg
c0058315_2356524.jpg
c0058315_2359017.jpg

[PR]
# by xiaotanrichie | 2007-07-12 23:46 | 旅行

北京 9 胡同のカフェ・サンバル

元北京在住Bちゃんのお勧めカフェ「サンバル」を偶然発見。入り口も目立たないので、知らないで通り過ぎてしまいそうな、そんな隠れ家的な胡同のカフェです。アンティークな雰囲気が素敵です。料理はマレーシア風。ちなみにお値段お高めでお客さんも外国人ばっかり。
c0058315_23214282.jpg
c0058315_23251717.jpg
c0058315_23272815.jpg

[PR]
# by xiaotanrichie | 2007-07-12 22:57 | 旅行

北京 8 胡同巡り 四合院

観光客を乗せて胡同巡りをする自転車がたくさん走っていました。客引きのおじさんと交渉して30分80元で回ってもらうことに。途中で四合院の一般家庭にもお邪魔させてもらいました。(見学料30元)年配のご婦人とお嫁さん(娘さん?)が親切に案内して下さいました。ご婦人の伯父さんは帝国大学に留学経験あり、だそうで親日的な方でした。
c0058315_22124327.jpg
c0058315_22133118.jpg
c0058315_22183569.jpg
c0058315_22322966.jpg

[PR]
# by xiaotanrichie | 2007-07-12 22:09 | 旅行

北京 7 老辺餃子 鼓楼 胡同

6月24日(日曜日)
まずは遅めの朝ごはん、っていうか昼ごはんに近かったかな。
老舗の「老辺餃子」に行きました。このお店は新宿店に行ったことがあります。それから行ったことはないのですが、広州にも以前ありましたね。

その後、ちょっと追星活動をしてから鼓楼へ。それから胡同巡りをしました。写真は鼓楼から見た胡同。

c0058315_1204688.jpg
c0058315_127736.jpg

[PR]
# by xiaotanrichie | 2007-07-12 11:59 | 旅行

北京 6 頣和園、前海のカフェバー

フライト変更の手続きを済ませてから頣和園へ行く事にしました。北京は3回目のたろおさんですが、まだ頣和園には行ったことがないとのこと。

西太后のサマーパレス、というだけあって湖の見える景色も涼しげで避暑にはぴったりな観光地です。すごく気に入っちゃいました。夜には品冠のコンサートが控えていたため、あんまりゆっくり出来なかったのが残念でしたが。ガイドブックによると、北京動物園から水路でも来られるようなので、次回またぜひ来てみたいです。

ここでは豪華な宮廷ランチを堪能しました!北京に来てから、初めてのちゃんとした食事です(笑)味付けもしつこくなく、日本人の口にもとっても合います。そしてもちろん、燕京ビールもいただきましたよ!

頣和園でゆっくりしすぎたためと品冠のコンサート会場下見をしなかったため、台湾歌迷たちとの待ち合わせに大幅に遅刻してしまいました。これはすごく反省。自分は大陸に住んでいるのだから、日本からいらしたたろおさんのためにもっと気を配るべきでした。。ただ、品冠コンサート自体はとても素晴らしいものでした。

http://tanyna.exblog.jp/6393080/
http://tanyna.exblog.jp/6388280/

コンサート後、品冠滞在ホテルまで追星活動をし、それから台湾、マレーシア、シンガポール&日本の品冠歌迷みんなで前海のカフェバーでまったりしました!ここ、とっても行って見たかったところなのです。女性同士でワイワイ、も楽しかったのですが、素敵なダーリンとふたりで来てみたいな♪
c0058315_10441054.jpg
c0058315_1045191.jpg
c0058315_10464495.jpg

[PR]
# by xiaotanrichie | 2007-07-11 14:04 | 旅行

北京 5 フライト変更

ひとりっていうのは気楽ではありますが、少し寂しいですね。
22日の夜、日本からたろお小姐が到着するとやっぱり気分が盛り上がりました。

6月23日(土)
朝、品冠のチケットを取りに台湾から来ているAたちのホテルへ向かいました。
A以外は私は初対面だったのですが、みんな人柄のいい人たちでしたし、たろおさんとはよく知った仲だったので、朝から楽しい気分でした。

ケンタッキーで朝ごはんを済ませ、フライト変更の手続きをしに行きました。
25日月曜日に学生の期末試験の予定があったため、24日中に広州に戻るつもりだったのですが、試験が金曜日に延びたので25日の朝帰ることにしたのです。たろおさんも25日朝帰国予定でしたから、24日は丸一日ふたりで観光出来ますしね。

実はフライト変更手続きに自ら行ったのって始めてでした。旅なれたたろおさんと一緒でなければ、結構戸惑ってしまったかも。ちなみに「フライト変更」は中国語では「改機」ということをこの時学びました。
最初のカウンターでどの便が空いているか、チェック。希望の便が決定したら、まず手数料の300元を支払い窓口で支払い、伝票を持って最初のカウンターに戻ります。(中国のデパートなどで買い物をするときと同じやり方ですね。)職員から変更したチケットを受け取り、完了です。ちなみにチケットは手書きで今時の日本ではもう見られない方法だそうです。
[PR]
# by xiaotanrichie | 2007-07-11 13:29 | 旅行

天安門から故宮、王府井まで 初めての北京 4

天安門からそのまま故宮博物館へ行きました。切符売り場で確認すると17時まで開館しているとのこと。1時間半以上ありますから、充分見学出来ます。と言っても広いので、少々急ぎ足で見て行きましたが。。ちなみに入館料は60元。

最初の方の建造物はあんまりピーンとこなかったのですが、だんだん奥に入るにつれ、映画「ラスト・エンペラー」で見た「紫禁城」の光景が!!この下の写真、これが私の故宮のイメージですね。ぎりぎり17時まで粘って見学しました。

もし時間があればこのまま景山公園まで行きたかったのですが、もうすでに閉園の時間です。
どうしようか、とバス停の方へ歩いて見ました。王府井方面へのバスが来たので乗ることにしました。

北京へ来て初めてのバス!日本のバスと同じぐらい新品できれいです。数年前はもっと汚かったらしいので、これもオリンピック効果でしょうか。運転手さん(女性でした。北京では女性バス運転手さんを結構見かけました)にいくらか聞くと、運転手さんは答えず後ろから

「1元ですよ。」

ちゃんと切符売りのお兄さんがいたのね。ちなみにバス代は、直接現金を料金箱に入れてもいいし、バスカードでも、車掌さんから切符を買ってもいいのです。しかし1元とは!北京ではバス代が安い、と聞いていましたが本当ですね!!

王府井で降りてぶらぶら歩いて見ました。郊外の長城のようにさわやか、というわけではありませんが、広州に比べればかなり涼しいし、空気もいいほうです。でも長城で痛めた膝も辛かったし、そろそろお腹も減って来たので、どこかひとりで入れそうなお店はないかな、ときょろきょろしていると、ありました!

「王府井小吃街」

狭い路地にごちゃごちゃと色んなお店が並んでいます。そしてお店の前に椅子とテーブルが出ている、よくある露天店ですね。

揚げ豆腐(3元)とタンタン面(8元)、それに北京なので「燕京ビール」(10元)をたのみました。お値段はちょっと高めですね。でもさんざん歩き回った後のビールはめちゃめちゃおいしかったです!

「買値得!!」

って感じですね。

さて、お腹も満足したので建国門のホテルに帰ることにしました。ここからなら地下鉄で行けます。北京で乗る初めての地下鉄!!

出来たばかりの広州の地下鉄に比べればきれいではありません。切符も自動販売機ではなく、切符売り場の職員から買います。改札に入るときに切符を千切ってもらいます。出るときは切符は不要ですよ(13号線に乗り換えるときは半券が必要)

感動したのは北京人のマナーの良さ。日本では当たり前ですが、まず、降りる人が降りてから乗る人が乗る。これが広州ではてんで出来ていないのですが、北京では日本と同じでした!素晴らしい!これもオリンピック効果か?!ちなみに切符売り場などでも割り込もうとする人がいるのですが、職員に

「ちゃんと順番に並んでくださいね。」

と注意されていました。さすがだ!どんどん文化的になっているぞ!!

ホテルに帰るとかなりくたくたでした。さっそくシャワーを浴びようとしたのですが、お湯が出ない。よくあるんだよね、お湯が出ないことって。。フロントに電話を掛けて人に来て見てもらうと、今度はすぐ出た。。なんなんだか。。ま、バスタブはとっても大きくてゆったりしていたので、お湯をためてゆっくり浸かると疲れも取れました。

一泊400元という料金からすると、小奇麗で快適なホテルだったのですが、時々お湯の出が悪かったのと、コンセントが少ないのが欠点でしたね。。その日も携帯を充電するのにテレビの電源を切らなければならなかったし、他にすることもなかったので、連れのたろお小姐が着く前にひと眠りしました。

東京からのたろおさんの飛行機も遅延。ようやく深夜にご到着。彼女の乗ったタクシーは迷わずホテルに着いたそうです。ちなみに彼女が蛸足プラグを持って来てくれたのでコンセント問題は解消。
c0058315_1652622.jpg
c0058315_16523480.jpg

[PR]
# by xiaotanrichie | 2007-07-10 16:49 | 旅行